サロン・ド・ユニール ブログ

デートの費用は男性が負担すべきか?

2015.12.04

これ、お見合いの業界でもよく話題になるテーマなんですが、皆さんはどう思われますか?

私が学生の頃からバブルが弾ける前までは、男性が出してくれるのが一般的だったように思います。

でも今はどうでしょう?

30代で年収400万円以上ある人が27%しかいないと言われています。

つまり4人に3人は、400万円以下なんです。

女性と男性の年収の差が少なくなっている中で、毎回のデートを男性に負担してもらうのはどうなんでしょう?

残念ですが、男性が出してくれて当たり前!という時代は既に終わってしまったようです。

勿論、1千万も2千万も稼いでいる男性でしたら、ご馳走してもらっても良いと思います。

それでも、今の30代・40代前半の年収の高い男性は、お茶代位は女性が払ってくれても良いのに・・・って心の中では思ってるんです。

びっくりしますが、本当です。

なので、女性の皆さんは、割り勘といわないまでも少しは出すとか、お茶代位は出すことをお勧めします!!

お財布も出すこともなく毎回「ご馳走様でした」・・・・・はNGの時代になっているようです。

但し絶対に女性にお金は出させない!という男性も勿論今も健在です。

そんな男性には、次のデートの時に「この前ご馳走になったので」とちょっとした手土産を持って行くのが良いでしょう。

 

仲人になって間もない頃、あるベテラン仲人さんに注意されたこんな出来事を、今も鮮明に覚えています。

うちが女性会員、お相手が男性会員。数回デートした後に男性からお断りが入りました。

「お宅の女性は、一度も財布を出さなかったのよ!!」

目からウロコでした。

お見合いでは男性がデートの費用を負担するものだと思っていた新米仲人の私は、ちゃんと彼女にアドバイスもできていなかったことを

猛烈に反省しました。

その後その女性会員さんは財布を出すようになり、そのせいというわけではありませんが、幸せな結婚をされました。

この出来事以降、私は女性会員さんには、デートでは財布を出してね!とアドバイスをするようになりました。

 

割り勘なんて嫌!と考えている方は、よく考えてみてください。

結婚したら家計は一緒になります。

彼のお金も貴女のお金も同じ1つの財布です。

女性に出して欲しいと思っている男性が多いのなら、出した方が得かもしれません。

なぜなら・・・

常に男性に負担させていると、デートの回数が減ってしまう可能性があります。

行きたいと思う少し高級な素敵なレストランに一緒に行く回数が減るかもしれません。

そして何よりも一番のリスクは、お金がかかる女性だからやめておこうと、フラれてしまうことです。

繰り返しますが、結婚すれば家計は同じです。

ならば、女性もデートの費用を半分とまでは言わなくても負担したほうが、得策ではないでしょうか?

デートの費用を負担しようとする女性を嫌だと思う男性はいないと思いますし、何より好感度は間違いなくUPします。

これはあくまでも最近の風潮であり、全部の男性に当てはまることではありません。

ただそんな風潮が確実にあるので、婚活をしている女性は、是非参考になさって下さいね。

ブログ一覧

PREV :
NEXT :

会員様ログインリンク

リンク

ご入会により特別価格での撮影が可能です。
お問い合わせください。